オンブズマン

勇気を持って声を上げましょう

従業員の理解を深めて TE Connectivity (TE) の基本的価値観を強化する

違反の可能性がある行為について提出された報告はすべて真剣に受け入れられ、 オンブズマンのもとで調査されます。オンブズマン委員会は、独立かつ公平で秘密が保護されるリソースとして機能するため、従業員、サプライヤ、投資家、顧客、その他の第三者はガイド、法律、ポリシ、規制、安全性、および倫理に関して違反の疑いがある行為について質問をしたり、懸念事項への対応を求めたりすることができます。

TE 取締役会の監査委員に直接報告されると、オンブズマンは、報告されたすべての問題について詳細な調査を実施して解決を図ります。さらにオンブズマンと Chief Ethics and Compliance Officer は、TE シニアマネジメントチームから成るコンプライアンス委員会で定期的な協議を行い、重要な問題や傾向について検証します。

懸念事項がある場合は、電話、通話料無料での ConcernLINE、または ConcernNET Web サイトのいずれかの手段でオンブズマンまでご連絡することを推奨します。報告は匿名で行うこともできます。

2014 年度でオンブズマンに寄せられた報告は 775 件を数えます。この大部分が、会社のポリシ、利害関係の衝突、および一般的な従業員の質問に関するものでした。その他の事例については、その報告プロセスにより先見的かつ変革に向けた貴重な洞察と機会が与えられることになります。

従業員は、TE の基本的価値観を監視する金庫番であると同時に、これを促進する役割も担うため、特に答えが明確でない場合に倫理やコンプライアンスに関する疑問を問い合わせてみることを推奨します。また当社従業員をはじめ、第三者の方も、『倫理的行動に関するガイド』 (ガイド)、当社ポリシ、および/または適用法に違反する行為や事例について、ただちに報告することが推奨されます。従業員には、こうした問題や懸念事項について監督責任者、人事部門、法務部門、またはオンブズマンまで報告することが強く求められます。

オンブズマンである Karen Lowenstein は TE の従業員です。オンブズマンは、独立かつ公平で秘密が保護されるリソースとして機能するため、従業員、サプライヤ、投資家、顧客、その他の第三者は、ガイド、TE ポリシ、倫理、コンプライアンス、適用法、規制、安全性、その他重大な関心事に関して違反の疑いがある行為について質問を投じたり、懸念事項への対応を求めたりすることができます。 報告された問題はすべて真剣に受け入れられ、適切な調査を実施して解決が図られます。 TE は、すべての従業員が懸念事項について報告するように推奨しています。善意で行われた報告に対する報復行為は禁止されています。

TE 取締役会の監査委員に直接報告されると、オンブズマンは、報告されたすべての問題について詳細な調査を実施し、可能な限り迅速にかつ内密に解決を図ります。オンブズマンと Chief Ethics and Compliance Officer は、TE シニアマネジメントチームから成るコンプライアンス委員会で定期的な協議を行い、重要な問題や傾向について検証します。

懸念事項がある場合は、電話、通話料無料での ConcernLINE、ConcernNET、または電子メール (directors@te.com) のいずれかの手段でオンブズマンまで連絡することを推奨します。

グローバル オフィス:

フリーダイヤル: +1 844-864-7107

電子メール: directors@te.com

所在地:

Ombudsman Office, TE Connectivity
1050 Westlakes Drive
Berwyn, PA 19312